​カウンセリングについて

一般的に行動を変化させるために、なぜその行動をとったのかという思考を問題にします。

インナーチェンジングセラピーではその行動を引き起こしている思考も大切にしますが、その行動を起こしているとき、そのように考えているときの感情に向き合い、それを処理することにより、結果として思考の自然な変化、行動の自然な変化を促します。

インナーチェンジングセラピーは​“感情処理法”“交流分析”“人格適応論”“愛着のカウンセリング”などの理論を統合した『エムエスメソッド』を背景にしたカウンセリングの手法です。